<バッグのお手入れの方法>

[普段のお手入れ]
柔らかいブラシで表面のほこりを取り、風通しの良い涼しい日陰に保管してください。 高温多湿の場所での保管は避けて下さい。 直射日光が当たる場所に長時間置くと日焼けの恐れがあります。 濡れたままの状態で保管すると、カビが生える恐れがありますので、乾かして保管してください。 表面の汚れであれば、テープでとるか、消しゴム(筆記用柔らかいもの)で落としてください。

 

[使用時のご注意]
生成り(真っ白)のバッグの場合、デニム生地や染物の衣服を着て持つと バッグに色移りの恐れがありますのでご注意ください。 また、車の乗り降りの際に、バッグがあたって汚れる場合がありますのでご注意ください。

 

[お洗濯について]
基本は手洗いをおすすめします。 バッグは以下の点から丸洗いをおすすめしません。
・ハンドルガードやネーム等に使用されている革が水に濡れた場合本体に革の色が移る為。
・洗濯するとシワがより、型崩れする為。(柔らかくなり縮みがはいってひとまわり小さくなります。)

 

[手洗いの方法]
商品に牛革(ネーム、ハンドルガード、プルトップ等)がついている場合は 革が水に濡れると色が出る恐れがありますので水に濡らさないように手洗いしてください。 スポンジ等に中性洗剤をうすめてつけ、たたいて汚れをうかせて、水で流してください。 その時に洗剤が残るとシミになる恐れがあるので気をつけてください。
※つけおき洗いはしないでください。
※塗装商品の場合は、塗装部分をこするとかすれますので注意してください。

※ただ、長年ご使用されているのであれば、洗濯機で丸洗いも考えても良いかと思います。 その場合は下記内容をご了承いだだきおこなってください。
・縮みがはいりひとまわり小さくなります。
・柔らかくなりシワがはいります。
・革から色が出て他に移ります。
・塗装商品の場合、塗装部分にかすれがでます。
・染め生地の場合、色が薄くなります。
・長年の使用時に出来た、ほつれや糸切れ等が広がる恐れがあります。

[洗濯機で洗う方法]
縦型タイプを使用して、ドラムタイプの使用はお避け下さい。 水量を一番多くして通常コースでバッグひとつで洗ってください。 洗濯用洗剤を使用して下さい。柔軟剤、漂白剤は使用しないで下さい。 脱水後、形をととのえて影釣干しをして下さい。 乾燥機の使用は避けてください。