バッグの丸洗いについて


ABOUT WASHING

初めにバッグに使用している生地についてお伝えいたします。
弊社バッグに使用している帆布(生成りの生地)は、織り上げたままの生地(生機)を使用しています。精錬、漂白などをおこなっておらず、綿カス残し(綿の茎や葉、皮が細かくくだけたものが表面に残ります。)になり、帆布本来の風合いをみていただけます。帆布は無糊で、糸には綿本来の油分が残っている為、天然の撥水効果があります。撥水効果は使い込み、時間が経つと効果は無くなります。

弊社バッグのお手入れ方法として、部分手洗いをおすすめしていますが、レザーパーツ、デニム生地を使用していないものであれば、丸洗いができます。ただし、水通ししていない生地の為、縮みがはいりひとまわり小さくなります。また、シワがはいり柔らかくなり、先ほどご紹介した撥水効果もなくなります。

写真は、apb-100 Mサイズを洗濯機で丸洗いした前後になります。洗濯後の風合い等、参考になさってください。