バッグのお手入れの方法


HOW TO CARE

[普段のお手入れ]

柔らかいブラシで表面のほこりを取り、風通しの良い涼しい日陰に保管してください。 高温多湿の場所での保管は避けてください。 直射日光が当たる場所に長時間置くと日焼けの恐れがあります。 濡れたままの状態で保管すると、カビが生える原因になりますので、乾かして保管してください。 表面の汚れであれば、テープでとるか、消しゴム(筆記用柔らかいもの)でかるく擦って落としてください。

[使用時のご注意]

染め生地を使用したバッグは濡れると色移りの恐れがありますので、バッグ、着衣が濡れた状態での使用はお避けください。雨の日の使用はご注意ください。また、染物の衣服を着てバッグを持つと衣服からの色移りの恐れがあります。とくに生成り(白)部分はご注意ください。

[お洗濯について]

手洗い(部分洗い)をおすすめします。 バッグは以下の点から丸洗いをおすすめしません。
・ハンドルガードやネーム等に使用されている革が水に濡れた場合本体に革の色が移る為。
・染め生地を使用している場合は水に濡れると色が出て他に移染する為。
・洗濯するとシワがより、型崩れする為。(柔らかくなり縮んでひとまわり小さくなります)。

[手洗いの方法]

商品に牛革(ネーム、ハンドルガード、プルトップ等)、染め生地を使用している場合、 革、染め生地が水に濡れると色の出る恐れがありますので水に濡らさないように手洗いしてください。スポンジ等に中性洗剤をうすめてつけ、たたいて汚れをうかせて、洗剤が残らないように十分水で流してください。 洗剤が残るとシミになる原因になります。漂白剤の入った洗剤を使用すると色落ちする恐れがあります。
※漂白剤が入ったもの、色が付いた洗剤を使用しないでください。
※つけおき洗いはしないでください。
※塗装商品の場合は、塗装部分をこするとかすれますので注意してください。

ただし、長年ご使用されているもの(生地が柔らかくなり汚れの多いもの)であれば、洗濯機で丸洗いを考えても良いかと思います。 その場合は下記内容をご了承いただき行ってください。
・縮んでひとまわり小さくなります。
・柔らかくなりシワがはいります。
・革から色が出て他に移ります。
・染め生地から色が出て他に移ります。
・塗装商品の場合、塗装部分にかすれがでます。
・染め生地の場合、色が薄くなります。
・長年の使用時に出来た、ほつれや糸切れ等が広がる恐れがあります。

[洗濯機で洗う方法]

縦型タイプを使用して、ドラムタイプの使用はお避けください。 水量を一番多くして通常コースでバッグひとつで洗ってください。 洗濯用洗剤を使用してください。柔軟剤、漂白剤は使用しないでください。 脱水後、形をととのえて影釣干しをしてください。 乾燥機の使用は避けてください。

[ペイントバッグのお取り扱い]

ペイントは専用のインクを使用しています。色移り、水に濡れて色がにじむ事はないようにしていますが、何かの原因でバッグが濡れた場合、タオルなどで吸い取るように水分を取ってください。濡れた状態で他のものと一緒に重ねないでください。色移りは、ほとんどありませんが万が一、他の物に移った場合は早めに洗濯などしてください。ペイント部分は摩擦で色が変わります。細かなペイントは強い摩擦をかけるとはがれる恐れがあります。なるべくペイント面は擦らないようにしてください。ペイントインクは高い温度になると不安定になります。アイロン掛けをする場合、ペイント面に直接かけず低温で当て布をしてかけてください。特に夏場の車内、窓際はご注意ください。ペイント色は日光に当たると褪色します。高温多湿の場所、直射日光が当たる場所には長時間置かないでください。

[防水スプレーについて]

防水スプレーは布革用をご使用ください。目立たないところ(底など)にスプレーをかけてしみにならないか確認して行ってください。